東京・女性のための写真教室・美食同源

働く女性のためのフォトスクール

ダナンから世界遺産の街ホイアンでナイトフォト

美食同源フォトスクールからのお知らせ

夏のスペシャル単発講座
<デジタルオーガナイズ講座一覧>
暮らし、そして仕事に役立つデジタル・オーガナイズ講座です。スマホやタブレットは優秀なアシスタント!
メールやインターネットだけじゃもったいない。うまく活用して、効率良く、楽しい毎日にしましょう♪

美食同源オンラインショップからのお知らせ
6月28日新発売!
▶︎▶︎▶︎第三弾これだけ知っておけば大丈夫!フォトショップエレメンツでおしゃれなバナー用写真の作り方ー人気のフォント付ー 3500円
▶︎▶︎▶︎これだけ知っていれば大丈夫シリーズ全3セット 5000円
いつでも好きな時に好きな場所で視聴できる動画レッスンです。
第三弾は、フォトショップエレメンツで、見た目がグンと変わるおしゃれなバナーの作り方です。おしゃれなフォントのダウンロード&インストール方法に加え、サンプル作成レッスンも3レッスンほどおつけしました!
全セットも同時発売です。

ダナン市の南方30キロ、トゥボン川の河口に位置する古い港町、ホイアン。
1999年に、「ホイアンの古い街並み」としてユネスコの世界文化遺産に登録されました。また、毎月満月の夜に行われるランタン祭りが有名な街。満月となる旧暦の14日は、ホイアンの家々は電気が消え、提灯の明かりだけが街が照らされるそう。幻想的!
もちろん、通常の日々でも、街のあちこちでランタンは見かけられるので、十分に楽しめますよ。

ホテルからのシャトルバスでホイアンへ

ハイアットーホイアン間はホテルのシャトルバスが1日に往復共に3本ずつありました。

<時刻表>
ホテル発:10時、14時、17時
ホイアン発:11時、15時、18時
2017年7月現在

一人VD80,000ドン(3歳以下は無料)、予約制。
大きなバスですが、かなり人気なので、早めの予約が大事かも。
約30分でホイアンの街・メインストリート付近に到着します。

ランタンが灯される夜の街を楽しみたかったので、帰りはタクシー利用のつもりでワタシたちは17時のシャトルバスで向かいました。

ホイアンの雰囲気ある美味しいレストラン

トリップアドバイザーでも上位に入る予約必須の人気レストラン・Home Hoi An Vietnamise Restaurant に行きました。
予約しようと電話したものの、途中で電話が切れ…
18時と20時スタートがあるとは聞いていたので、18時直前を目指して訪れました。

予約の電話中に電話が切れたことも説明したら、なんとかギリギリでお席を確保できました。
2階席もありますが、すぐに満席。その後もひっきりなしに人がやってきて満席で断られていたので、入店できてラッキーでした。

他にもホイアンらしい雰囲気ある有名なレストランはありますが、ほとんどがオープンエア。
ここは冷房設備が整っていて、とても快適に食事できました。
雨が降っているし、とにかく蒸し暑いから冷房の有り難さが身にしみます…

お食事は、ホイアンの代表的な貝料理、マスタードの葉を使ったゴイクン、空芯菜などなど好き勝手にオーダー(笑)。どれも美味しい!!ローカルビール2本頼んで三人で約3500円でした。安っ!

川沿いのレストランではありませんが。
おしゃれな雰囲気で、清潔感あり、美味しい。とてもよかったです。

ホイアンの街歩き

メインストリート及びその周辺エリアは、車両禁止なのでのんびりと街歩きを楽しめます。

小さなエリアですが、歴史的な建物がいっぱいのホイアン。その観光名所に入場するにはチケットが必要です。
メインストリート入り口の観光案内所にてチケット購入できます。

ワタシたちがホイアンに到着してから降り始めた雨。どんどん雨あしが強くなりそうだったので、チケットは購入せずにぷらぷらすることにしました。

ランタン屋さんがたくさんあって、本当に綺麗!
HANAは写真を撮るのも忘れ、どのランタンを購入しようか真剣な表情で見つめてました。可愛い(笑)。

いくつかの観光名所でおじさんに「チケット?」と聞かれ「持っていない」と答えると、「いいよ、いいよ、入んな!」と手招きされて入らせてもらいました(笑)雨がどんどん激しくなってくるので、雨宿りにもなって有り難かったです。
おじさん、ありがとー!
わずかですが寄付箱に寄付してきました^^

ホイアンのナイトフォトの撮影ポイント

ランタンの街とくれば、夜の撮影・ナイトフォトが楽しい♡♡♡

街のあちこちで見かけるランタン屋さん。
写真撮影を気軽にOKしてくれます。

ランタンを綺麗に撮るポイントはズバリ「あおって(見上げるように)撮る」です。
少ししゃがみこみ、下から見上げるように撮影すると迫力満点に撮影できますよ。

夜のトゥボン川。
クルーズをしたかったのですが、この頃には雨が非常に激しくって(すでにズブ濡れ!!)オットもHANAにも断固拒否され、あえなく諦めました…

とにかく暗いのでISO感度は最低でも12800は必要です。それほどISO感度があげられない機種の方は、サンセット直後あたりの時間帯がベストですね。目では暗くても、まだ光量がそれなりにあるので、手ぶれしにくくなりますよ。

そして、ホワイトバランスも要チェック!AWBだと白茶けた雰囲気になってしまい、せっかくの古都の雰囲気が台無しに。ぜひ撮り比べて自分の好きな色味に調整して見てくださいね。

生粋の日本人なので。「日本人橋は見ていこう!」と訪れました。
ど、どうしてこの色でライトアップなんでしょう〜(笑)

雨の中の撮影は、これまたレインコート(カッパ)必須ですな。
やはり両手でカメラを持つのと、片手でカメラを持つのとでは安定感が違います。
早速、先日レインコート買いました。次回からの旅は絶対に持っていこう。

続く

<関連リンク集>
▶︎▶︎▶︎ホーム・ホイアン・ベトナミーズ・レストラン
▶︎▶︎▶︎ハイアットリージェンシー・ダナン スパ&リゾート
▶︎▶︎▶︎ステップアップのための旅フォト&インテリア空間フォトレッスン
▶︎▶︎▶︎夜でも素敵に撮れる!ナイトフォトレッスン

<関連記事はこちら>
▶︎▶︎▶︎ハノイのSIM購入とトランジットホテル
▶︎▶︎▶︎ハイアットリージェンシー・ダナン・スパ&リゾートとベトナム航空ビジネスクラス

最新記事

More