Columns & Blog

旅で出会った素敵な風景、可愛い雑貨、美味しそうなお料理に、可愛いワンコ…

スペシャルな日の思い出から、日々の記録まで、可愛く素敵に写真に残せると毎日がもっともっと楽しくなってきます。
全国各地より1000人以上のカメラ女子が通ったフォトスクールの「はじめてさん&買い替えカメラ女子向け」のカメラ特集!
2016年、女性が気になるポイントに絞って厳選したミラーレスカメラとデジイチカメラをご紹介します。
また、だいぶ好きな写真が撮れるようになったので、もっとステップアップしたい!
カメラを買い替えたいと思っているカメラ女子のためのオススメカメラもご紹介します。

初めてさんにオススメのカメラ
デジタル一眼レフカメラ、デジタル一眼カメラ(通称ミラーレス)のどちらがよいでしょうか?
よく質問されます。最近のカメラは、デジタル一眼レフカメラもミラーレスカメラもエントリーからプロ用まで機種バリエーションが豊富です。なので、ミラーレスカメラだからといって、デジタル一眼レフカメラより性能が劣っているということはありません。
さらに。最近は、デジタルカメラ(レンズ交換できないカメラ。通称コンデジ)でも、エントリークラスのデジタル一眼レフカメラよりも高画質&高性能の高級コンデジカメラが発売されています。
時代は、変わってきているんです!

▶︎▶︎▶︎最近の高級コンデジ事情の記事はこちら

もちろん、高機能を搭載しているカメラは、お値段的にも高いです。高い=よいカメラと思って購入しても、実際に使わないとせっかくカメラを購入しても写真はまったく上手くなりません。
初めてさんは一番自分の優先したいことを考えて <毎日使いやすいもの> を基準にカメラ選びをすると良いと思います。
子供が小さかったり、荷物が多い方は、とにかく軽いカメラがよいですし、自宅のお部屋の中での撮影が多いのでしたら、ずっしりとしたデジタル一眼レフカメラもよいです。
普通のコンデジより素敵な写真が撮りたい方は、お手頃価格のデジタル一眼レフカメラ、ミラーレスカメラだって十分なのです。
カメラは消耗品、レンズは資産
フォトレッスンでお伝えしていますが、デジタルカメラはある一定のシャッター回数をきると不具合がでてきます。なので、残念ながら一生ものとは言えません。
カメラのボディの性能も非常に早い速度で進化しています。
ある程度写真が撮れるようになると、必然的にもっと良いカメラが欲しくなってきます。
さらにステップアップしたいと思ったときに、買い替えをすればよいと思います。
冬の単発講座:レザービーズ刺繍タッセルでカメラストラップ作成講座
blogtop
予約が取れない多勢リサ先生のレザービーズ刺繍を学んで、オシャレなカメラストラップを作るレッスンです。
カメラストラップもオシャレの一部。服やアクセサリーにあわせて、気軽に色合わせしましょう。
▶︎▶︎▶︎詳細はこちら
はじめてさんのフォトレッスンでの撮影実習写真
introphoto-c

とにかく小さくて軽くてコンパクトなカメラがほしい!
パナソニック GM5レンズキット
有効画素数:1600万画素
ボディ重量:180g


手のひらサイズの小さなミラーレスカメラです。レンズキットのGM専用レンズは非常にコンパクトで優秀。
GM5が発売されてもうすぐ2年。おそらくこの秋に上位機種が発売されると予想されているせいか、一気にお値段が安くなりました。
下位機種とのおおきな違いはファインダーがあること。ファイダー付きだと、日差しの強い屋外での撮影にもすごく便利です。(ミラーレスカメラの場合、液晶が反射して見にくいのです)
ただし。小さいということは、ボタンもすべて小さいです。手が大きい方はもうすこし大きめのカメラでもよかったとフォト生のコメント、ありました。


キヤノン X7ダブルレンズキット・ホワイト
有効画素数:1800万画素
ボディ重量:370g


デジタル一眼レフで、この軽さは驚きです!
ホワイト・カラーのレンズはこのキットレンズのみ発売されているので貴重であり、売り切れ店が続出しました。
付属の40mmF2.8はパンケーキタイプなので、薄くてコンパクト。持ち歩きにとても便利です。
見た目が可愛くて、毎日持ち歩いています!とのフォト生のコメント、ありました。

お手頃価格のコスパ良いカメラが欲しい!
オリンパス PENLite E-PL6 レンズキット
有効画素数:1605万画素
ボディ重量:279g


標準のレンズキットですが、ボディ・カラーのお色ホワイトはついに3万円を切る価格がでてきました!ちなみに、非常にコンパクトな電動ズームレンズ付きのキットは同じボディでも2万円ほど高くなるので…価格優先ならば断然この標準レンズキットがオススメです。
オリンパスの特長としては、連写が早い(8コマ/秒)ので、子供やワンコの撮影にも良いですよ。


ニコン D3300 レンズキット
有効画素数:2416万画素
ボディ重量:410g


ニコンのエントリー機種3000シリーズの中で最新にして、5万円を切りました!
そして、色々な角度で撮影可能なバリアングルタイプ5000シリーズ。5500の発売が決まり、ひとつ前のモデル5300Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300 ブラック 2400万画素 3.2型液晶 D5300BK
が一気に値下がり!こちらも5万円を切りました。お外写真も撮影していきたい!そんな方にはバリアングルはひじょーーーにオススメです。写真の幅がおおきく広がりますよ。

「オート」でも撮影できますが、デジイチやミラーレスカメラだからこそ、オート以外の撮影モードで自分の好きな写真を撮りましょう!

コンパクトで使いやすいカメラが欲しい!
キヤノンM3 ダブルレンズキット
有効画素数:2420万画素
ボディ重量:319g


M1、M2から大きく進化したM3。メーカー各種のミラーレスカメラを使い込んでおりますが、M3の操作性は抜群によいです!とても使いやすい!!シャッターボタン自体にもダイヤルが付き、そして露出部分も単独でダイヤル式になりました。これによってコンパクトすぎて、操作がしにくかったところが大幅に改善されましたね。
そして、オートフォーカスのピントも非常に早くなり、安定しました。ボディは他のミラーレスカメラに比べ重いのですが、映像美も美しく、使いやすくてオススメです。ハイビジョンで撮影できる動画も、KissX6iよりも本当に綺麗です。
下位モデルのM10が発売されましたが、フォーカスなどの性能はM2と同じ。265gという軽さとバリアングルの使いやすさはありますが、自撮りしないならば、数万円高くてもM3が絶対にオススメですね


どうせ買うならば、性能が良いカメラが欲しい!
キヤノン KissX8i レンズキット
有効画素数:2420万画素
ボディ重量:510g



従来のバリアングル、タッチ操作に加え、オートフォーカスの焦点が9点から19点に増えました!これははじめてさんには嬉しい大きな変化ですね。そして、ピントの早さも、さらに早くなっています。また、無線LAN機能を内蔵、NFCにも対応してNFC搭載スマートフォンなどと簡単に接続できるようになりました!キヤノンの「色味」が好きなファンは多いです。
お値段も高いですが、X7よりも格段に良くなったので価値あり。買い替えさんにもぴったりです。

ちなみに8000Dとの差はサイドの液晶表示とWダイヤル(ダイヤルが2つある)で「操作性」の点が中級機種シリーズ(70Dなど)と同じであること。操作性も重要視する男性の声から作られたとの噂ありです。

ニコン D5500 レンズキット
有効画素数:2416万画素
ボディ重量:420g


ニコンにもやっとタッチパネル操作の機能が登場です!バリアングル付きで重量も軽く、非常に使いやすくなったと思います。お外写真では、バリアングル&タッチ操作は最強ですからね。
Wi-Fiも搭載。
シャッター音はやっぱりニコンが好き!というカメラ女子も多いです。

18-140mmまでカバーする新レンズキットはこれ1本で大抵カバーできるのでオススメです!


なんかうまく撮れない。。。
もうちょっと上手く撮りたい。。。
じつは、素敵な写真への第一歩は、センスではなく知識。
意外と使いこなせていないカメラの機能を知り、
ちょっとしたコツで見違えるような写真にかわります。

夜でも綺麗に撮れる!ナイトフォトレッスンでの撮影実習写真はこちら▼

nightphoto-cc

はじめてさんだけどマニアック派&買替え派にオススメのカメラ
昨年2015年のカメラ動向としては、最上位機種とエントリー機種で大きく二極化の傾向に。特に、デジイチ、ミラーレスともに最上位機種の進歩は著しかったです。
さすがに高額すぎてオススメはしていませんが(笑)、キヤノンEOS 5Dsの有効5,060万画素はマニアたちに衝撃を与えました。さらにあのライカもミラーレス機に参入しましたしね。
そして、ミラーレスカメラでは、ソニーとオリンパスが採用している「5軸ボディ内手ブレ補正」の技術は画期的でした。

どのカメラもWi-Fi/NFCが標準搭載、バリアングルが搭載されるようになりました。次はGPSかしら?と予測しています。
写真を<場所>に紐付けて管理するのも便利ですからね。

DSC06312
夜景や夜のホテル・インテリアなど、暗いところでも三脚なしに高画質で撮りたい!
キヤノン 6D 24-105Lレンズキット
有効画素数:2020万画素
ボディ重量:680g


手持ちで撮影をする場合、<カメラの重さ>が大きく関係してきます。少しでも軽いほうが撮影が長時間楽しめます。エントリー・フルサイズといわれる6Dは、最高峰のLシリーズレンズがキットレンズについていてセットがお得。ボディの軽さに対して、レンズが重いのですが、映像美はさすがです。そして暗い中での高感度での映像が美しいのはフルサイズならでは。またAFでのピント合わせも暗い中でもかなり優秀です。


持ち歩きしやすく、最高画質のカメラは?
ソニーα7II ボディ
有効画素数:2470万画素
ボディ重量:599g


世界初のフルサイズ仕様のミラーレス、α7シリーズは、ソニーが最も力を入れているラインアップ。最上位機種α7R IIは実勢価格42万円というものの、絶大な人気を誇るカメラです。さすがにお値段的に手がでにくいのですが、α7 IIには、α7R IIと同様の「5軸ボディ内手ブレ補正」が搭載!現在α7を愛用していますが、軽さと画質の美しさは抜群です。さらに手ブレ補正が充実したこちらは、抜群に使いやすそうです。

ワンコなど、素早く動くモノを色々な姿で撮りたい!
キヤノン EOS7D MarkIIボディ
有効画素数:2020万画素
ボディ重量:820g


2014年秋発売後、何度となく売り切れが続出!10秒/1コマの連写スピード。また最新の映像エンジンDIGID6がダブル搭載!APS-C最高の映像美と早さを手に入れることができるカメラですね。
その分、重さはずっしり来ますが、カメラのために腕力つけしょう!
CFもSDカードも利用できます。


NEXシリーズ。そろそろ買替えたいのですが…
ソニーα6000 パワーズームキット
有効画素数:2430万画素
ボディ重量:285g


ソニーはいち早くミラーレスカメラ・NEXシリーズを発売。けれどもそのシリーズのほとんどがAFフォーカスのピント位置調整の操作性がわかりずらいようで、買替えを希望される方が多いです。ソニーミラーレスの中級機種であるαシリーズは、その操作性が大幅に改善!とくに6000シリーズは、5000シリーズと比べ物にならないくらいに使いやすくなりました。また、11コマ/秒の連写スピードなので早い動きのシーンも綺麗に撮影できますよ。ファインダーもついて、強い日差しの中でも撮影しやすいです。α6300が発売されましたが、スペックはほぼ同じ。4K動画に興味がない方はこの6000で十分だと思います!

PENシリーズ、GFシリーズ。そろそろ買替えたいのですが…
GFシリーズの上位シリーズとしてはじまったGXシリーズ。その最新機種GX8が発売されました。性能&コスパNo.1として大人気だったGX1とGX7。GX8も大注目していましたが、残念ながら性能はすばらしいのですが、ボディの大きさが格段に大きくなり、重量も増加。
これまでのGXシリーズとは思えないカタチになってしまいました。
パナソニック製品は、オリンパス製品と互換性があります。せっかくのミラーレスカメラ。軽さやコンパクトさを重視で中級機種へステップアップするならば、オリンパスの中級機種はオススメですよ。
オリンパス OM-D E-M10 MarkII
有効画素数:1605万画素
ボディ重量:417g


SONYのフルサイズミラーレスにも採用されている最新の「5軸ボティ内手ブレ補正」技術が搭載。最大10コマ/秒の高速連写に、夜景撮影などにライブ・コンポジットやLVブースト機能付き。高画質で暗いところでの撮影や、動きに強いカメラです。下位モデルE-M 10 MarkII が後から発売されましたが、価格差からいってこちらのほうがコスパよし。ちなみに、パナソニックとオリンパスのカメラのレンズは完全に互換性がありますので、どちらのカメラでも問題なく使用できるのですよ。

冬の単発講座:レザービーズ刺繍タッセルでカメラストラップ作成講座
blogtop
予約が取れない多勢リサ先生のレザービーズ刺繍を学んで、オシャレなカメラストラップを作るレッスンです。
カメラストラップもオシャレの一部。服やアクセサリーにあわせて、気軽に色合わせしましょう。
▶︎▶︎▶︎詳細はこちら
せっかく撮りためた写真。ブログやホームページで公開しましょう。
<誰かに見せるということ>
じつは、それが刺激になって、さらに写真が上達しますよ。
ameblo-c1

wordpressbasic

DSC03700r

 カメラはあくまでも道具 です。
表現の方法によって<写真>は大きく変わります。

可愛い花はふんわり撮影しようとか。
カッコいい雑貨は、ピリッとクールに撮影しようとか。
燃えるようなオレンジ色の夕日を撮ろうとか。
青い空を背景にして撮ろうとか。

それはどんなカメラでも、方法さえ知っていれば誰でも撮影できるのです。
値段に左右されず、自分が毎日使いたくなるカメラをぜひ購入してくださいね。

2016年7月現在
おすすめのカメラレンズについてはこちらのコラムをどうぞ!

講師紹介 スクールガイド

2015年プリンターの選び方はこちら