東京・女性のための写真教室・美食同源

働く女性のためのフォトスクール

更新!【2017年オススメ・カメラ】初めてさんから買替え派のカメラ女子まで

美食同源フォトスクールからのお知らせ

夏のスペシャル単発講座

暮らし、そして仕事に役立つデジタル・オーガナイズ講座です。スマホやタブレットは優秀なアシスタント!
メールやインターネットだけじゃもったいない。うまく活用して、効率良く、楽しい毎日にしましょう♪

美食同源オンラインショップからのお知らせ

6月21日新発売!

▶︎▶︎▶︎第二弾これだけ知っておけば大丈夫!フォトショップエレメンツでバナー用写真の作り方ー特典映像付ー 1000円

いつでも好きな時に好きな場所で視聴できる動画レッスンです。
第二弾は、フォトショップエレメンツでバナー作り。これだけ知っていれば、アメブロやホームページのトップ画像なども簡単に作成できます!初めてさんやPC苦手さんでもわかりやすいような動画レッスンです。特典映像では、アメブロ記事でのバナーリンクのやり方動画もおつけしています♪
▶︎▶︎▶︎第一弾:これだけ知っておけば大丈夫!フォトショップエレメンツでブログ用写真の作り方ー特典映像付ー 1000円

全国各地より1500人以上のカメラ女子が通ったフォトスクールの「はじめてさん&買い替えカメラ女子向け」のカメラ特集!

スマホカメラでは撮れない写真が、デジタル一眼レフカメラ、ミラーレスカメラでは撮れるのです!

自分の作った作品、美味しそうなお料理、可愛い雑貨、素敵なインテリア空間、旅で出会った感動の風景に、可愛いワンコ…
プロカメラマンに頼まなくても、自分で素敵な写真は撮れます!

確かに、スマホカメラでも綺麗に撮れるようになりました。
ですが、デジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラとは圧倒的な差があります。

▶︎▶︎▶︎「デジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラで撮った写真のメリット」はこちら

ここ2〜3年前からデジタル一眼レフやミラーレスのカメラ本体にWiFi機能が搭載されるようになりました。
2017年の春発売の新機種にはBluetooth機能が搭載されたモデルも発売。
デジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラで撮影した写真を、スマホやタブレットへ転送することが楽になり、高画質な写真たちを気軽にSNSへ投稿できます!
また、スマホやタブレットがリモコンとしても使えますよ。
SNSの投稿写真で「差」をつけましょ♪

▶︎▶︎▶︎「WiFi搭載カメラからスマホへ写真を転送する!最新のBluetooth搭載カメラとは何が違う?!」

2017年、女性が気になるポイントに絞って厳選したミラーレスカメラとデジイチカメラをご紹介します。
また、好きな写真がたくさん撮れるようになったので、もっとステップアップしたい!
カメラを買い替えたいと思っているカメラ女子のためのオススメカメラもご紹介します。

夏のスペシャルレッスン、開催します!
作品撮りに便利なスタイリッシュ・フォトボード作成講座
スマホフォト&スマホ内写真の管理!スマホフォトとインスタグラム&写真管理講座

【2017年6月1日アップデート】

初めてさんにオススメのカメラ

デジタル一眼レフカメラのほうが、ミラーレスカメラ(正式名称デジタル一眼カメラ)よりも良いですか?

よく質問されます。
昔からある大きくて少しゴッツイ形のデジタル一眼レフカメラ、通称デジイチ。ついついこのカメラの方が、より本格的なカメラのように感じる方が多いです。
ですが、現在は、ミラーレスカメラもデジイチとほとんど同じ性能です!
どちらのカメラでも、エントリーからプロ用まで機種バリエーションが豊富なのです。なので、ミラーレスカメラだからといって、デジタル一眼レフカメラより性能が劣っているということはありません。
さらに。最近は、デジタルカメラ(レンズ交換できないカメラ。通称コンデジ)でも、エントリークラスのデジタル一眼レフカメラよりも高画質&高性能の高級コンデジカメラが発売されています。

▶︎▶︎▶︎最近の高級コンデジ事情の記事はこちら

カメラ選びで迷った時は、自分が一番優先したいことで選ぶ!

高機能を搭載しているカメラは、お値段的にも高いです。高い=良いカメラを購入しても、実際に使わないとせっかくカメラを手に入れても写真はまったく上手くなりません。

初めてさんこそ一番自分の優先したいことを基準に考えて、毎日使いやすいカメラを選ぶと良いと思います。

子供が小さかったり、荷物が多い方は、とにかく軽くてコンパクトなカメラ
部屋の中での撮影が多いのでしたら、手に馴染むデジタル一眼レフカメラも大丈夫
デジイチやミラーレスで撮ったカメラをスマホやタブレットからSNSにアップロードしたいなら、WiFi搭載カメラ
お値段重視するなら、型落ちカメラでも十分!

カメラは、使えば使うほど上達への近道です。

カメラは消耗品、レンズは資産

フォトレッスンでお伝えしていますが、デジタルのカメラはある一定のシャッター回数をきると不具合がでてきます。なので、残念ながら一生ものとは言えません。

カメラのボディの性能も非常に早い速度で進化しています。
ある程度写真が撮れるようになると、必然的にもっと良いカメラが欲しくなってきます。
カメラは一生モノと思わずに、とにかく自分が優先したい基準でお選びください。

そして、実はレンズは一生モノ。良いレンズは、極端ですが、子供や孫の代まで使い続けることができます。
なので、カメラボディはそこそこのお値段のもので、良いレンズに投資するのも、効率的なお金の使い方かもしれません。

▶︎▶︎▶︎ミラーレスカメラのおすすめレンズ
▶︎▶︎▶︎デジタル一眼レフカメラのおすすめレンズ

はじめてさんのフォトレッスンでの撮影実習写真
▶︎▶︎▶︎募集要項はこちら

注目の新機種!

とにかく小さくて軽くてコンパクトで、子供やペットも楽に撮影できるカメラがほしい!
パナソニック GF9ダブルレンズキット
有効画素数:1600万画素
ボディ重量:239g
WiFi搭載


2017年1月、ものすごく女子向けの機種が発売されました!!・高画質・軽い・動く被写体に強いと三拍子そろったカメラです。これはすごい!
画素数は過去のGFシリーズやGMシリーズと同じですが、ローパスフィルターを排除したことによって、全体のクオリティーはアップ!さらにISO25600まで対応したので、暗い場所でも綺麗に撮影できます。レンズはGMシリーズでも採用されていた超軽量レンズ。ボディとレンズ合わせても重量336gと非常に軽いです。また注目したい機能が「4KPhoto」。正直、連写スピード自体は遅いのですが、4KPhotoを利用することで一瞬を逃しません。むしろ、実演を見ると連写よりも4KPhotoの方が使いやすい!ダブルレンズキットの25mmF1.7のレンズはボケ感が綺麗に撮れる優秀なレンズでもあるので、セットで購入するのが非常にお得なのでオススメです!

お手頃価格のコスパ良いカメラが欲しい!
コスパの良さという点で、レンズ付きで5万円前後の機種をご紹介します。

パナソニック GF7ダブルレンズキット
有効画素数:1600万画素
ボディ重量:236g
WiFi搭載


最新モデルGF9が発売され、一気に値下がりました。GF9ほど高機能ではないものの、基本的なスペックは優秀!ときどき5万円以下(定価の半分!)でも販売されているのでお値打ちです。
ピントも早く、はじめてさんにとって、とても使いやすいと思います。

キヤノン X7ダブルレンズキット・ホワイト
有効画素数:1800万画素
ボディ重量:370g
*WiFi搭載なし。X8iから搭載です。


デジタル一眼レフで、この軽さは驚きです!キヤノンのミラーレスカメラM5よりも10gも軽い(笑)また、デジタル一眼レフカメラで、このホワイト・カラーのボディとレンズは貴重です。付属の40mmF2.8はパンケーキタイプなので、薄くてコンパクト。持ち歩きにとても便利です。
上位機種のKissX8iとの主な違いは、X8iはバリアングルがついていることと、ピントをあわせる測距点が9→19に増加したこと。先日最新のX9iが発売され、さらに値段が下がりました。このお値段で、軽さとコンパクトさを重視する方は、こちらで十分かと思います。
見た目が可愛くて、毎日持ち歩いています!とのフォト生のコメント、ありました。

キヤノンらしい色合いと使いやすさ重視のカメラ
キヤノンM3 ダブルレンズキット
有効画素数:2420万画素
ボディ重量:319g
WiFi搭載


ミラーレスカメラとしては300g台と重いのですが。2ダイヤル、そして露出部分もダイヤル式になり、操作性は他のミラーレスカメラにないほど使いやすいです。2016年上位機種であるM5、そしてこの春にM6が発売されました。ただし、これまでのMシリーズに比べて、M5M6の特徴は「動き」と「動画撮影」に強く、「Bluetooth」が搭載されていること。「動き」の写真をあまり撮影しない、iPhoneユーザーでしたら、<コンパクト>なM3が良いと思います。ちなみにM2とのスペック差は大きいので、MシリーズではM3が絶対にオススメです。ちなみに、下位モデルのM10が発売されましたが、フォーカスなどの性能はM2と同じ。265gという軽さとバリアングルの使いやすさはありますが、自撮りしないならば、数万円高くてもM3が絶対にオススメですね

どうせ買うならば、性能が良く使いやすいカメラが欲しい!
ニコン D5600 レンズキット
有効画素数:2416万画素
ボディ重量:420g
WiFi&Bluetooth搭載


ニコン好きには待望のタッチパネルのモニター搭載の機種です。
基本的なスペックはD5500とほぼ同じものの、Bluetooth搭載が搭載されました。アンドロイドユーザーには大変便利な機種です!反対に現状ではiPhoneユーザーならBluetooth機能はほぼメリットがないので型落ちの「Nikon デジタル一眼レフカメラ D5500 18-140 VR レンズキット」で十分ですね(笑)。インテリア空間や旅フォトを撮影する場合はバリアングルはひじょーーーに便利なので、3000シリーズよりこちらがオススメです。通常のキットレンズよりも割高になりますが、140mmまで望遠できるレンズがついているキットの方が、ズームレンズを持たずにこれ1本でかなり楽しめると思います。写真の幅がおおきく広がるカメラです。

キヤノン KissX9i レンズキット
有効画素数:2420万画素
ボディ重量:532g
WiFi&Bluetooth搭載



オートフォーカスでのピント合わせや画像表示が格段に早くなり、ミラーレスカメラのようなライブビューでの撮影が非常に楽になりました。最新の映像エンジンDIGIC7を搭載し、暗い場所での撮影にも非常に強くなっています。デジイチシリーズでは、この機種からBluetooth機能が搭載されました。アンドロイドユーザーには大変便利な機種です!反対に現状ではiPhoneユーザーならBluetooth機能はほぼメリットがないので型落ちのX8i レンズキットがかなり値段が下がったのでおすすめです。

ちなみに8000D,9000Dとの差はサイドの液晶表示とWダイヤル(ダイヤルが2つある)で「操作性」の点が中級機種シリーズ(70Dなど)と同じであること。あとはオートフォーカスの測点が多いことの差だけ。重量感があるので、軽さ重視のカメラ女子にはXシリーズの方が断然おすすめですね。

夜でも綺麗に撮れる!ナイトフォトレッスンでの撮影実習写真はこちら▼

▶︎▶︎▶︎募集要項はこちら

nightphoto-cc

はじめてさんだけどマニアック派&買替え派にオススメのカメラ

ここ数年のカメラ動向としては、どのメーカーさんもミラーレスカメラに力を入れていることがわかります。
また、ミラーレス、デジタル一眼レフカメラどちらにおいても、タッチパネル化が進みました。感覚で操作しやすくなりましたね。
ミラーレスカメラにいち早く力を入れたものの、タッチパネル化が他メーカーよりも遅かったソニー。そんなソニーで、やっと中級機種α6500でタッチパネルが採用されました。ぜひぜひ、フルサイズ・ミラーレスカメラα7シリーズにもタッチパネル化導入してほしいところです。

また、SNSの勢いが影響したせいか、スマホでの操作性が求められるようになりました。
WiFi搭載機種は当たり前。2017年の春発売機種から、キヤノンとニコンはBluetooth機能をいち早く採用しました。
ただし、アップル製品との互換性はまだいまいちでBluetooth自体の良さを実感できませんが、今後の可能性に期待したいところです。

▶︎▶︎▶︎「WiFi搭載カメラからスマホへ写真を転送する!最新のBluetooth搭載カメラとは何が違う?!」

夜景や夜のホテル・インテリアなど、暗いところでも三脚なしに高画質で撮りたい!
キヤノン 6D 24-105Lレンズキット
有効画素数:2020万画素
ボディ重量:680g
WiFi搭載


手持ちで撮影をする場合、<カメラの重さ>が大きく関係してきます。少しでも軽いほうが撮影が長時間楽しめます。エントリー・フルサイズといわれる6Dは、最高峰のLシリーズレンズがキットレンズについていてセットがお得。ボディの軽さに対して、レンズが重いのですが、映像美はさすがです。そして暗い中での高感度での映像が美しいのはフルサイズならでは。またAFでのピント合わせも暗い中でもかなり優秀です。

持ち歩きしやすく、最高画質のカメラは?
ソニーα7II ボディ
有効画素数:2470万画素
ボディ重量:599g
WiFi搭載


世界初のフルサイズ仕様のミラーレス、α7シリーズは、ソニーが最も力を入れているラインアップ。最上位機種α7R IIは実勢価格42万円というものの、絶大な人気を誇るカメラです。さすがにお値段的に手がでにくいのですが、α7 IIには、α7R IIと同様の「5軸ボディ内手ブレ補正」が搭載!現在α7を愛用していますが、軽さと画質の美しさは抜群です。さらに手ブレ補正が充実したこちらは、抜群に使いやすそうです。
ただし。α7 IIIの発売の噂あり。なので、欲しいな〜と思っている方、ちょっと待ってみては?ワタシも買い替えしたい気持ちを我慢してします。(笑)

ワンコなど、素早く動くモノを色々な姿で撮りたい!
キヤノン EOSM6 ボディ
有効画素数:2420万画素
ボディ重量:343g
WiFi/Bluetooth搭載


この春発売の新機種M6は、最新のエンジンDIGIC7、5軸電子手ブレ補正搭載、感度ISO100~25600に対応。露出補正ダイヤルとサブ電子ダイヤルの2段ダイヤルを装備しているので、操作性も非常に良いです。連写性能はAF追従で最高約7コマ/秒。7DMarkIIの10コマ/秒には劣るものの、高品質な映像と持ち運びしやすい軽さ、そして5軸電子手ブレ補正を考慮すると、使いやすいのではないかと思います。アダプターをつければ、APS-Cのレンズもそのまま使えますし。ミラーレスカメラにしては重いですが、7DmarkIIの軽量化と考えると、非常に使いやすいと思います。

PENシリーズ、GFシリーズ。そろそろ買替えたいのですが…
GFシリーズの上位シリーズとしてはじまったGXシリーズ。性能&コスパNo.1として大人気だったGX1とGX7。GX8からより「中級機種」として性能が重視されたせいか、ボディの大きさが格段に大きくなり、重量も増加。初期のGXシリーズとは思えないカタチになってしまいました。
パナソニック製品は、オリンパス製品と互換性があります。せっかくのミラーレスカメラ。軽さやコンパクトさを重視で中級機種へステップアップするならば、オリンパスの中級機種はオススメですよ。

オリンパス OM-D E-M10 MarkII
有効画素数:1605万画素
ボディ重量:417g
WiFi対応


SONYのフルサイズミラーレスにも採用されている最新の「5軸ボティ内手ブレ補正」技術が搭載。最大10コマ/秒の高速連写に、夜景撮影などにライブ・コンポジットやLVブースト機能付き。高画質で暗いところでの撮影や、動きに強いカメラです。下位モデルE-M 10 MarkII が後から発売されましたが、価格差からいってこちらのほうがコスパよし。ちなみに、パナソニックとオリンパスのカメラのレンズは完全に互換性がありますので、どちらのカメラでも問題なく使用できるのですよ。

言葉じゃ伝えきれない「本質」を表現するのが写真のチカラ

カメラはあくまでも道具です。
値段に左右されず、自分が毎日使いたくなるカメラ・レンズを購入して、使いこなしてください。

言葉では伝えきれない素晴らしさや感動。
それを表現した写真は、<趣味>のレベルにとどまらず、仕事レベルでも十分に使えます。

SNSで世界中に一瞬で情報発信できる時代。
自分の可能性をぜひ広げてください!

美食同源 フォトグラファー&コンセプター 柳楽珠奈
2017年6月現在

▶︎▶︎▶︎美食同源とは

最新記事

More