Columns & Blog

最新のコンデジは、ここが違う!

美食同源フォトスクールは、「仕事に役立つ、暮らしを楽しむ」写真を学ぶ写真教室。
なので、「仕事に使えるレベル」の写真を撮ってほしいので、カメラも「プロ並みの写真が撮れる」機能のものを指定。これまでは「デジタル一眼レフカメラ」「ミラーレスカメラ(=デジタル一眼カメラ)」のみレッスン対象カメラとしてきました。
ですが、ここ数年のコンパクトデジカメの進化は素晴らしい!

コンデジというと、安くて・手軽なカメラ、でも画質はイマイチ・・・
そんな印象を持っている方もまだまだ多いのは?
しかーし!
最近の高級コンデジでは、デジタル一眼レフカメラと同等、あるいはそれ以上のハイスペックなカメラが発売されはじめているんです!

写真にこだわりのある人にも、十分に満足できるレベルになりました。
なので、そんなハイスペックなコンパクトデジカメも、レッスンの対象カメラにしました。

今回のコラムでは、一眼クオリティーの、ハイスペックなコンパクト・デジカメのオススメをご紹介したいと思います。

・・・とその前に。
まずは「コンデジ」の進化をぜひともわかってもらうために、知っておいてほしい2つのことをお話ししたいと思います。すこし複雑な話なのですが、ざ〜っくりとわかりやすく説明させていただきますね。

DSC04922

コンパクトデジカメ、デジタル一眼レフカメラ、ミラーレスカメラ、その名前の決まり方

コンデジ、デジタル一眼レフカメラ、そして通称ミラーレスと呼ばれるデジタル一眼カメラ・・・
カメラの呼び方(=呼称)が決まるのは、
画質がいいから
機能が優秀だから
そんな理由では、じつは決まらないのです。
じゃ、何で?どうやって呼び方が決まるの???
まず、大きな基準としては、レンズ交換ができるかどうか。
レンズ交換できない=コンパクト・デジタルカメラ
レンズ交換できる=デジタル一眼レフカメラ、ミラーレスカメラ(デジタル一眼カメラ)

このように大きく2つにわかれます。
そうなのです、結構、単純な理由で呼び方が決まるのです。(^^)

次に。デジタル一眼レフカメラとミラーレスカメラ(デジタル一眼カメラ)の違いは、
レフと呼ばれるミラー(鏡)があるかどうか。

ミラーあり=デジタル一眼レフカメラ
ミラーなし=デジタル一眼カメラ(ミラーレス)

二つの呼び方、似ていますよね。
デジタル一眼カメラは、ミラーがない(=レス)ことが大きな特徴なので、一般的にミラーレスカメラと呼ばれるようになりました。

なので、まず知っておいてほしいこと。
画質が良くって、高性能という理由だから「デジタル一眼レフカメラ」ということにはならないのです!

IMG_8503

画質を決めるのは、イメージセンサーの大きさ

写真といえば、画質クオリティーはと〜っても重要。
その画質の良さを決めるのが、カメラに内蔵されているイメージセンサーの大きさなのです。
センサーのサイズが大きければ大きいほど、画質が良くなるのです。
イメージセンサーの種類と大きさがわかるように、図にしてみました。

censer

フルサイズ:各種メーカーの最高級ライン
APS-Cサイズ:キヤノン、ニコン(除くミラーレス)、ソニー、ペンタックス(除くQ)
4/3(フォーサーズ):オリンパス、パナソニック
1.5型:キヤノンのコンパクトデジカメ・G1X MarkII
1型:ニコンのミラーレス・Jシリーズ、キヤノンのコンパクトデジカメ・Gシリーズ
1/1.7型、1/2.3型:その他一般的なコンパクトデジカメ(ペンタックスQは1/1.7型)

これまで、一般的にデジイチ、ミラーレスといわれるのカメラは、上記の表のピンク色「APS-C」と水色「4/3(フォーサーズ)」のセンサーサイズがほとんどでした。
一方、一般的なコンデジといわれるカメラは、グレー色の「1/1.7型」「1/2.3型」サイズ。
その時代が長かったせいで、デジイチ&ミラーレスは映像が綺麗、コンデジは映像がイマイチ・・・そんな印象が植え付けられてしまったと思っています。
ただ、カメラの世界はどんどん進化しています!
ここ数年、センサーサイズのバリエーションが一気に増えたのです。
まず注目の1.5型サイズ。
これはキヤノンが独自開発し、コンデジG1X MarkIIにはじめて搭載されました。
EOSシリーズとほぼ同じサイズ!すごいですね。

次に1型サイズ。
これはニコンのミラーレスカメラJシリーズが採用しています。じつは同じニコンだからといって、デジイチもミラーレスも同じ画質クオリティーと思う人も多いのですが、全く違います。上記の図でわかるように画質差は約4倍にも!かなり大きい差ですよね。
また、キヤノンでは、コンパクトデジカメのGシリーズが1型を採用しています。
一時期、世界最軽量レンズ交換式カメラとして大ブームとなったペンタックスQ。こちらに採用されているセンサーサイズはなんと一般的なコンパクトデジカメと同じ1/1.7型。
セカンド・カメラに購入された人もいましたが、APS-Cやフォーサーズの画質クオリティーに目が慣れてしまうと、満足できない人が多かったです。
(じつは、ワタシもその一人でした・・・^^;)
ちなみに。一番大きいフルサイズというのは、どのメーカーさんからもでている最高級ライン。他に比べて、ダントツにサイズが大きいので、それだけ映像美が美しいのですよね。

DSC01594

いよいよ発表!オススメの高級コンデジ

コンデジの良さは、なんといってもコンパクトさ!
電源をオンにしたときにだけ、レンズがぐ〜んと伸びるので、カバンに入れているときはとっても小さくて持ち運びやすいです。
そのコンパクトさに加え、高級コンデジは画質が大幅に向上!
付属する機能や操作性も一般的なミラーレスカメラとほぼ一緒となりました。
はい、それくらい色々なことができるんですよね。
だからこそ、お値段もミラーレスカメラやデジタル一眼レフカメラとほぼ同じです(^^)

パナソニック ルミックス DMC-LX100
有効画素数:1280万画素
センサーサイズ:4/3型(フォーサーズ)
レンズ:35ミリ判換算で約24mm~75mm F1.7〜F2.8
ボディ重量:393g


あの!超高級ライカLEICAのレンズ付きのコンデジ。パナソニックでははじめてレンズ一体型のコンデジで4/3型センサーを搭載しました。
レンズのズーム域も使いやすく、F値も1.7と最小に。ボケ感もとても綺麗にでてきます。最新のミラーレスと同じくISO感度は25600も!暗いところでも綺麗に撮影できますよ。
パナソニックが強い4K動画も撮影可能。マクロもついているので、これ1台でかなり満足のできる写真が楽しめそうです。

リコー GRII
有効画素数:1620万画素
センサーサイズ:APS-C
レンズ:18.3mm(35ミリ判換算で約28mm相当)、F2.8
ボディ重量:251g


いち早く大型センサーを搭載したリコーのGR。GRの特徴は単焦点レンズであるため、とにかくコンパクト!
正直、ちょっとF値(ボケ感)が他に比べて物足りない感がありますが・・・軽さ重視!コンパクトさ重視!の女子には非常に満足できると思います。

キヤノン G1X MarkII
有効画素数:1280万画素
センサーサイズ:1.5型
レンズ:12.5-62.5mm(35ミリ判換算で約24-120mm]F2.0-3.9
ボディ重量:553g


他のGシリーズは1型に対して、デジタル一眼レフのEOSシリーズとほぼ同じの1.5型の大きなセンサーサイズ、そして最新のDIGIC6映像エンジンを搭載!大きく進化したコンデジです。
レンズのズーム幅もスナップ写真にぴったり。F値2.0なので、しっかりボケ感も楽しめます。
Wi-Fi付き。ISO感度も12800なので、暗いところでもバッチリですね。
重量は多少重いのが難点ですが、そのせいか他のGシリーズお値段はお得?なのかも。