Columns & Blog

ケトジェニックダイエットは、自分の肥満遺伝子によっては効果がでない?!

ケトジェニックダイエットをはじめて3週間目が終わる頃。

関連記事
▶︎▶︎▶︎ケトジェニックダイエット日記〜2週間目の結果〜
▶︎▶︎▶︎ケトジェニックダイエット日記〜準備と1週間目の結果〜

ケトジェニックダイエットはワタシの体質に向かないのでは?

そんな風に考えるようになりました。
その理由が肥満遺伝子の存在。
2015年冬の「健康術」イベントで奈々先生が消化酵素と体型のテーマのところで「肥満遺伝子」についての話を思い出したのです。

肥満遺伝子は50種類以上あり、「肥満遺伝子検査」を受けると、基礎代謝に大きく影響を与える3種類の遺伝子がわかるのです。
じつはね、この3つの遺伝子の特徴って、全く異なるものなのですよ!
だからこそ、巷で話題のダイエット法を試して成功する人、成功しない人の違いは遺伝子による体質の違いかもと考えたのです。

そこで、ケトジェニックダイエットがワタシの体質にあわない原因を探ってみました。

ケトジェニックダイエット3週目4週目で発見したこと

DSC00478r
ズッキーニをパスタに見立てて。これ、ほんとうに美味しいの。パスタのような食感と満足感で、我が家の食卓によく登場してます。

面倒臭がり屋なワタシですが。
このケトジェニックダイエット日記ネタのおかげで、すべての食事を記録することができました。(笑)
(あまり面白くないので、今回は掲載を控えますけど)

ブログで公表する意気込みだったので、後半戦のケトジェニックダイエットはかなり真面目にやったんです。

メタバリアもしっかり飲み・・・
コーヒーやラテには必ずココナッツオイルを入れて・・・
料理にはMCTオイルをたっぷりかけて・・・

厳格なケトジェニックダイエット(1食あたり糖質20g以下、1日60g以下)にはならないときもあったけれど。セミケトジェニック(1食あたり糖質40g以下、1日あたり120g以下)にはなっていたと思います。

「世界不思議発見!」で見たケトジェニックダイエット記録では、1週間目でスルスルと大きく体重が落ちていくのが印象的でした。

が!
ワタシは4週間経っても、1.5キロくらいしか体重が落ちません。

なぜ???

ケトジェニックダイエットの成功ポイントには、「タンパク質をしっかりとること」と言われています。
自分の食事記録を見直したとき、タンパク質の摂取が不足していることが明らかだったので、改善策としてタンパク質を多く摂取するようにもしたんです。

が!
それでも、まったく効果なし。
ケトン体はそこそこ出ましたが、体重は落ちません。

なぜ??なぜ??

さすがに、ケトジェニックダイエットはワタシの体質にあわないのでは?と考えるようになったのです。

戦略的に痩せるためには、肥満遺伝子検査は必須!

r

正直ね、、、
どんなダイエット法でも、「真面目に」やれば成功するって思っていました。
けれども自分の人体実験?の結果、そうじゃないかもと考えるようになったのです。

そんなとき、ちょうど昨年開催した「健康術イベント」での肥満遺伝子のことを思い出しました。消化酵素と体型、そして腸内検査のところで二回ほど話題にでていたんです。(参加者の方は覚えてるかなー?)

イベントでは、簡単なチェックリストを使って、自分の体型の特徴と消化酵素を教えてもらいました。これは、チェックリストなので、あくまでも「自己申告」がベース。
それをハッキリと裏付けるのが肥満遺伝子検査なのです。

数年前までは、肥満遺伝子検査というと、美容クリニックや病院で受ける、何万円もする検査でした。
それが最近はあちこちで普及して、5000円台から受けれるようになったのですよね。
これは、検査するにかぎる!!(笑)

肥満遺伝子検査キットを比較

dnaslimbox

口内の粘膜を採取するだけ!の肥満遺伝子検査キット。
ちょっと調べるだけで、たくさんの会社が販売していました。

各社の検査キットを色々と調べてみてわかったことは・・・

・検査内容は基本同じ。基礎代謝に関係する3種類の肥満遺伝子について検査。
・違いは、メーカーによって検査結果の分析の「細かさ」が異なる。

ということ。

そんな中、基礎代謝に関係する3種類の肥満遺伝子に加えて、食行動に関係する2種類のFTO肥満遺伝子の検査もしてくれる検査メーカーを見つけました!
最安値よりも1500円程度高い7290円(送料&税込み!)で5種類調べてくれるの!!

遺伝子なんて変化するものではないので〜
どうせ1回しかやらないわけだから。。。5種類調べてもらったほうがかえってお得!(笑)
早速、ポチっとお買い上げしましたー。

公式サイト▶︎▶︎▶︎DNA SLIM

DSC00284

ポチっとした二日後、検査キットが到着しました。
インストラクション通りに、綿棒を口内に擦り付けること10回。その後、しっかり乾かして郵送しました。

大抵3週間後に検査結果が到着予定とのこと。
それまで、色々と自分の肥満遺伝子について予想することにしました。(笑)

ちなみに。
ワタシの通っている美容院で、ファンケルの遺伝子検査を受けた子を発見!
DHC、ファンケルといったサプリメント系のメーカーは、検査結果を踏まえて、効率的なサプリをしっかり紹介してくれるそうです。
彼女は、そのオススメのサプリを3ヶ月飲み続けたら5キロ痩せたと聞きました。
サプリメント・メーカーの検査は、そういうフォローが欲しい方にはぴったりかもです。

肥満遺伝子検査の結果と分析を大公開!

result1

早いと1週間程度で送られてくるそうですが・・・
ワタシの結果はしっかり3週間後に送付されてきましたー。

しっかり3週間もあったので、肥満遺伝子について調べまくり、自分の遺伝子について予想。
うふふ。ちゃんと当たりましたー(笑)

表をみただけだと???と思うので、ちょっと解説しますね。

まずは、肥満遺伝子について。

内臓脂肪型ADRB3遺伝子:
日本人の34%、3人に一人がこのタイプの肥満遺伝子を持つ。
糖質の代謝が苦手。お腹回りが太る。糖尿病や高脂血症のリスク高い。
皮下脂肪型UCPI遺伝子:
日本人の25%がこのタイプの肥満遺伝子を持つ。脂質の代謝が苦手。下半身が太る。癌、女性だと子宮の病気のリスク高い。
痩せ型ADRB2遺伝子:
日本人の16%がこのタイプの遺伝子を持つ。この遺伝子のみ、変異していることで基礎代謝が増える。「逆肥満遺伝子」とも言われる。タンパク質の吸収が悪く筋肉がつきにくい。一度太るとなかなか痩せない。心臓病やうつ病、低血圧のリスク高い。
高カロリー嗜好FTO:
食べ物の選択とカロリー摂取量に影響。本能的に高カロリー食や過食しやすい傾向にある。
過食傾向FTO:
もっとも肥満と相関がみられる遺伝子。変異型は肥満のリスクが70%も高くなる報告あり。

つづいて遺伝子の受け継ぎ方には3つあります。

正常ホモ(標準、ワイルド)型:両親から正常型を受け継ぐ。正常型の場合は影響はなし。
ヘテロ型:片方の親から正常型、片方の親から変異型を受け継ぐ。下記の変異ホモ型よりも少なく肥満遺伝子の影響を受ける。
変異ホモ(ホモ)型:両方の親から変異型を受け継ぐ。肥満遺伝子の影響が大きい。

では、ワタシの結果を見てみましょ。

内臓脂肪型ADRB3遺伝子⇒正常ホモ
こちらは正常型なので、肥満遺伝子の影響なし。
つまり、ワタシは糖質を代謝できる人なのです。もともと代謝ができるので、糖質制限をしたところで効果があまりでないのでしょうね。

皮下脂肪型UCPI遺伝子⇒変異ホモ型
変異ホモ型なので、肥満遺伝子の影響大!ワタシは脂質の代謝が悪いのです。20代後半まで脂っこいものを食べるとすぐに胸焼けしていたので、揚げ物なんてほとんど食べなかったのです。それが30代をすぎて・・・揚げ物もふつうに食べるように。その頃から太ってきたように思います(^^;)
ケトン体を出すために、がんばってとっていたココナッツオイルやMCTオイル。これ、代謝ができてなかったら痩せなかったんでしょうね。

痩せ型ADRB2遺伝子
変異ホモ型。この場合はいい意味での遺伝子を持っているということ。基礎代謝が普通の人よりも多いのです。
ただし・・・タンパク質が分解できないので、筋肉量が少ないのが特徴。
まさにワタシは20代から筋肉量が少ない、少ないと言われてました。この遺伝子の特徴として、一度太ると痩せにくい・・・これもまさにワタシじゃん(苦笑)
筋肉がないので、もともと基礎代謝が少なく、タンパク質も分解できない体質・・・そんな状態でケトジェニックダイエットでタンパク質をたくさん摂取したとしても、まったく意味なしだった・・・涙

高カロリー嗜好FTO
正常型。小さい頃から、高カロリーなものが好きじゃなかったかも。甘いお菓子もほとんど食べませんでしたね。

過食傾向FTO:
正常型。胃腸が弱いと思っていた(たぶん脂質の分解ができないので胃もたれしてたんでしょうね)ので、こちらも食べるすぎるってことはなかったです。

10代から30代前半まで、そんなにダイエットって意識したことはありませんでした。
1日くらい調整するば、すぐに増えた分の体重はすぐに落とせたんです。

それが30代後半になって少しずつ太りはじめ・・・
昨年1年間で5キロも太るという始末・・・涙

筋肉量は30代以降、年間1%落ちると言われています。
もともと筋肉がないワタシはその影響が大きくでてきていると思います。

さらに、これまでに比べて脂っこいものも食べるようになってきました。
Wパンチで体重が増加して来ているんでしょう。

ケトジェニックダイエットは、内臓脂肪型ADRB3遺伝子の変異ホモ型だけを持っているひとには、すごく効果あるダイエット法だと思います。
それに、内臓脂肪型ADRB3遺伝子は日本人の3人に一人といわれるぐらいですからね。
かなりの人にとって相性がいいダイエットなのかも。

cancun

いよいよ夏間近。
今年は長期ハワイに行く=薄着や水着になる予定なので(笑)
ベスト体重に戻るため、あとマイナス5キロのダイエットをがんばりたいと思います。

もちろん、次なる挑戦は、この遺伝子検査結果をもとに最小限の努力で最大限の結果をだすプログラム(←っていうとすごく大げさだけど^^;)を考えてみました!

どんなことするかは、次回の記事で♪
ダイエット日記、セカンドシーズンに突入でございます。(笑)

肥満遺伝子検査、太っている人もまだ太っていない人も、自分の体質がすごくよくわかるので、オススメです〜
オット、そして母と妹(二人ともすごーーーーくぽっちゃりなの)にもやってもらおうかと思っています(^^)