東京・女性のための写真教室・美食同源

働く女性のためのフォトスクール

WiFi搭載カメラからスマホへ写真を転送する!最新のBluetooth搭載カメラとは何が違う?!

美食同源フォトスクールからのお知らせ
秋のスペシャル講座募集中!
<専門家に学ぶ!ナチュラル・メイク術>
変わりたいけど、どう変わればいい?そんなお悩みの方にぜひ参加して欲しいプログラム!プチプラ・コスメだって、使い方次第で極上メイクの出来上がり!
▶︎▶︎▶︎詳細はこちら
<専門家に学ぶ!強運になるための風水講座>
ご自身の鑑定付き、そして2018年の運気鑑定付き!基本の風水学から学び、日選び風水で実践しましょう!
▶︎▶︎▶︎詳細はこちら
美食同源オンラインショップからのお知らせ
6月28日新発売!
▶︎▶︎▶︎第三弾これだけ知っておけば大丈夫!フォトショップエレメンツでおしゃれなバナー用写真の作り方ー人気のフォント付ー 3500円
▶︎▶︎▶︎これだけ知っていれば大丈夫シリーズ全3セット 5000円
いつでも好きな時に好きな場所で視聴できる動画レッスンです。
第三弾は、フォトショップエレメンツで、見た目がグンと変わるおしゃれなバナーの作り方です。おしゃれなフォントのダウンロード&インストール方法に加え、サンプル作成レッスンも3レッスンほどおつけしました!
全セットも同時発売です。

WiFi搭載カメラでiPhoneやアンドロイド・スマホへ写真を転送してみよう!

ここ2~3年前の発売機種から、デジタル一眼レフカメラ、ミラーレスカメラ、どちらもWiFi搭載モデルが主流となりました。
WiFiが搭載された機種を買ったのに、まだWiFiを使ったことがない!という方も意外に多いようです。
また、買い替えの時、WiFi搭載であるべきかどうか、その判断材料になればと思い、まとめてみました!

まずはご自身のカメラあるいは欲しいと思っているカメラがWiFi搭載モデルかどうか。
下記の各種メーカー一覧サイトにてご確認くださいませ。
「WiFi」対応と明記されているものはほとんど同じようなやり方で接続できます。
(キヤノンとソニーは自身のカメラで、ニコンは友人のカメラ実験済み)

キヤノン対応機種はこちら
ニコン対応機種はこちら
Panasonic対応機種一覧はこちら
ソニー対応機種はこちら

ちなみに。ワタクシ・キヤノンユーザーですが。
キヤノンの公式サイトではわかりにくいですね〜。残念・・・
簡単にいうならば、ミラーレスはM2以降、デジイチだったら、KissX8i以降、6D以降からWiFiが搭載された感じです。

iPhoneへの転送のやり方&リモコンとして使い方

<1>写真再生をした状態でWiFiボタンをおす(青いマーク)


<2>転送する先を選びます。ワタシの場合はiPhoneを指定


<3>ネットワーク(SSID)画面を表示。この時点からカメラからWiFiの電波が出ます。


<4>iPhoneの「設定」→「WiFi」から、カメラのネットワークを指定します。
1回だけパスワードを聞かれますので、入力してください。2回目以降の接続の時はパスワード入力は必要ありません。


<5>キヤノンのアプリ(各種メーカー別にアプリあります。事前にダウンロード)を立ち上げます。


<6>スマホ・アプリで接続できました!


<7>「カメラ内の画像一覧」ボタン(左側)をおすと、カメラ内にある撮影写真がみれます。


<8>「リモートライブビュー撮影」ボタン(右側)をおすと、スマホ画面がカメラのライブビュー画面に変身!
F値や明るさなどの各種設定も、スマホ上で変更可能です。

ワタシ自身、過去にWiFi付SDカードを使っていました。
ですが、転送が遅くって遅くって、イライラしてしまい・・・使わなくなりました。

このカメラ自体にWiFiが搭載されているモデルは、とにかく写真の表示が早い!
それだけでストレスフリー!(笑)

また、スマホでのリモコンの機能も充実。便利ですね。

けれども。
使えば使うほど、毎回カメラのネットワークをiPhone側で設定するのが面倒臭いと思わずにはいられません。
(手順4のところね。)

そうしたら、なんと!Bluetooth搭載カメラと相性が良いのはアンドロイド系スマホと言う事実発覚!
アンドロイドでは、アプリを立ち上げてアプリ上に表示されているWiFiボタンを押すだけでカメラのWiFiと接続されるのです!!

これは、Apple製品とアンドロイド製品のセキュリティの問題だそう。
アンドロイドを使っている方は、WiFiがかなり使いやすいと思いますよ。

2017年に発表されたBluetooth搭載カメラ。そのメリットは何?

Bluetoothとは、近距離間データ通信に使う無線通信技術の一つ。 Bluetoothに対応した機器同士では、ワイヤレスでデータを直接やりとりできます
身近なBluetooth搭載機器といえば、イヤホンとかスピーカーかな。

新発売されたBOSEのBluetooth搭載ノイズキャンセリングは、欲しいと思ってずーっと狙っています(笑)

さて、2017年の春。
キヤノン&ニコンは、このBluetooth搭載のデジタル一眼レフカメラ、ミラーレスカメラを大々的に発売&宣伝し始めました。

カメラとスマホを常時接続できて・・・
ボタン一つで直接スマホでやりとりできて・・・

もう、なんて便利で素敵なの!!!

って思ったのですが。結論から言うと、これもまたアンドロイド・ユーザーだけにメリットあり!
はい。現状では、Apple製品ではセキュリティ部分がネックとなって、アプリで直接操作ができないのです〜。

Bluetooth搭載が便利だったら、キヤノンのM6を買う気満々でビックカメラに乗りこんだワタシ。
何か胸騒ぎがあり、実際にその場で実演してもらってから購入しようとしたら・・・

あれ?あれれ?

Bluetooth設定をしたのに、Bluetoothではなく、WiFiに勝手に切り替わる事件発生。その理由を店員さんと二人で突き止めたら、Apple製品のセキュリティ関係の問題だということがわかりました。

ええ。ええ。メーカーどちらのサイトでも、よくよくよーく見るとスマホは全てアンドロイド。iPhone写真ではございません(笑)

iPhoneやiPadユーザーにとっては、まだまだBluetooth搭載カメラのメリットは感じられませんが。
今後、改善される可能性もありです。
早く使えるようになるといいなー

最新記事

More