東京・女性のための写真教室・美食同源

働く女性のためのフォトスクール

更新!【2018年オススメ・カメラ】初めてさんから買替え派のカメラ女子まで

福岡出張レッスン5月27日〜31日開催します!
3月31日までの早期割引あり!
<短期集中・はじめてさんのワードプレスでホームページ講座>
全2回合計8時間+プライベートレッスン2時間付。自分で運営・管理できる素敵なホームページを作りましょう!
▶︎▶︎▶︎詳細はこちら
<アメブロカスタマイズ、仕事に使えるフォトレッスンなどの2時間プライベートレッスン>
2時間のプライベートで効率的に学べます。
▶︎▶︎▶︎詳細はこちら




全国各地より1500人以上のカメラ女子が通ったフォトスクールの「はじめてさん&買い替えカメラ女子向け」のカメラ特集!

スマホカメラでは撮れない写真が、デジタル一眼レフカメラ、ミラーレスカメラでは撮れるのです!

自分の作った作品、美味しそうなお料理、可愛い雑貨、素敵なインテリア空間、旅で出会った感動の風景に、可愛いワンコ…
プロ並みの写真が、自分でも素敵に撮れます!

確かに、スマホカメラは進化し、綺麗に撮れるようになりました。
ですが、デジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラとは圧倒的な差があります。

▶︎▶︎▶︎「デジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラで撮った写真のメリット」はこちら

数年前からデジタル一眼レフやミラーレスのカメラ本体にWiFi機能、Bluetooth機能が搭載されたモデルも発売。
デジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラで撮影した写真を、スマホやタブレットへ転送することが楽になり、高画質な写真たちを気軽にインスタなどのSNSへも気軽に投稿できるようになりました。
SNSの投稿写真で「差」をつけましょ♪

▶︎▶︎▶︎「WiFi搭載カメラからスマホへ写真を転送する!最新のBluetooth搭載カメラとは何が違う?!」

2018年、女性が気になるポイントに絞って厳選したミラーレスカメラとデジイチカメラをご紹介します。
また、好きな写真がたくさん撮れるようになったので、もっとステップアップしたい!
カメラを買い替えたいと思っているカメラ女子のためのオススメカメラもご紹介します。

【2018年2月記事更新】

初めてさんにオススメのカメラ

デジタル一眼レフカメラのほうが、ミラーレスカメラ(正式名称デジタル一眼カメラ)よりも良いですか?

よく質問されます。
昔からある大きくて少しゴッツイ形のデジタル一眼レフカメラ、通称デジイチ。ついついこのカメラの方が、より本格的なカメラのように感じる方が多いです。
ですが、現在は、ミラーレスカメラもデジイチとほとんど同じ性能です!
どちらのカメラでも、エントリーからプロ用まで機種バリエーションが豊富なのです。なので、ミラーレスカメラだからといって、デジタル一眼レフカメラより性能が劣っているということはありません。
さらに。最近は、デジタルカメラ(レンズ交換できないカメラ。通称コンデジ)でも、エントリークラスのデジタル一眼レフカメラよりも高画質&高性能の高級コンデジカメラが発売されています。

▶︎▶︎▶︎最近の高級コンデジ事情の記事はこちら

カメラ選びで迷った時は、自分が一番優先したいことで選ぶ!

高機能を搭載しているカメラは、お値段的にも高いです。高い=良いカメラを購入しても、実際に使わないとせっかくカメラを手に入れても写真はまったく上手くなりません。

初めてさんこそ一番自分の優先したいことを基準に考えて、毎日使いやすいカメラを選ぶと良いと思います。

子供が小さかったり、荷物が多い方は、とにかく軽くてコンパクトなミラーレスカメラ
部屋の中での撮影が多いのでしたら、手に馴染むデジタル一眼レフカメラも大丈夫
デジイチやミラーレスで撮ったカメラをスマホやタブレットからSNSにアップロードしたいなら、WiFi搭載カメラ
お値段重視するなら、1シーズン前の型落ちカメラでも十分!

カメラは、使えば使うほど上達への近道です。

カメラは消耗品、レンズは資産

フォトレッスンでお伝えしていますが、デジタルのカメラはある一定のシャッター回数をきると不具合がでてきます。なので、残念ながら一生ものとは言えません。

カメラのボディの性能も非常に早い速度で進化しています。
ある程度写真が撮れるようになると、必然的にもっと良いカメラが欲しくなってきます。
カメラは一生モノと思わずに、とにかく自分が優先したい基準でお選びください。

そして、実はレンズは一生モノ。良いレンズは、極端ですが、子供や孫の代まで使い続けることができます。
なので、カメラボディはそこそこのお値段のもので、良いレンズに投資するのも、効率的なお金の使い方かもしれません。

▶︎▶︎▶︎ミラーレスカメラのおすすめレンズ
▶︎▶︎▶︎デジタル一眼レフカメラのおすすめレンズ

はじめてさんのフォトレッスンでの撮影実習写真
▶︎▶︎▶︎募集要項はこちら

注目の新機種!

とにかく小さくて軽くてコンパクトで、子供やペットも楽に撮影できるカメラがほしい!
パナソニック GF9ダブルレンズキット
有効画素数:1600万画素
ボディ重量:270g (バッテリーなど含む)
WiFi搭載


とにかく軽くてコンパクト!さらに高画質というならこのカメラです。2018年2月下旬発売の新機種GF10(流通によってはGF90と表示されるが、商品は全く同じもの)とほぼ同じスペックなので、価格が下がるの期待できます。ISO25600まで対応しているので、暗い場所でも綺麗に撮影できます。また、動画の一部を写真として切り取る「4KPhoto」機能も使いやすい。ダブルレンズキットの25mmF1.7のレンズはボケ感が綺麗に撮れる優秀なレンズでもあるので、セットで購入するのが非常にお得なのでオススメです!

お手頃価格のコスパ良いカメラが欲しい!
コスパの良さという点で、レンズ付きで5万円前後の機種をご紹介します。

パナソニック GF7ダブルレンズキット
有効画素数:1600万画素
ボディ重量:270g(バッテリーなど含む)
WiFi搭載


GF7と言いますが、GF9の一つ前の機種。GF9ほどISO感度や4Kphoto機能はついていないものの、基本的なスペックは優秀!ときどき5万円以下(定価の半分!)でも販売されているのでお値打ちです。
軽くて、ピントも早く、操作もしやすい。はじめてさんにとって、とても使いやすいカメラだと思います。

キヤノン X7ダブルレンズキット・ホワイト
有効画素数:1800万画素
ボディ重量:370g
*WiFi搭載なし。X8iから搭載です。


とにかくお値段安くて、軽い!を優先するなら、X7はお得なカメラ。キヤノンのミラーレスカメラM5よりも10gも軽い(笑)。また、デジタル一眼レフカメラで、このホワイト・カラーのボディとレンズは貴重です。付属の40mmF2.8はパンケーキタイプなので、薄くてコンパクト。持ち歩きにとても便利です。
ただし、こちらのカメラはバリアングル(可動式モニター)がついていません。もう少し予算があるならば、旅フォトやインテリアフォト撮影に非常に便利なバリアングルタイプで、なおかつ非常に軽量化された最新X9がおすすめ。下記に詳細を書いています。

キヤノンらしい色合いとデジイチレンズと共有できるミラーレスカメラ
キヤノンM100 ダブルレンズキット
有効画素数:2420万画素
ボディ重量:319g (バッテリーなど含む)
WiFi搭載


2017年10月、エントリー機種M10の後継機種として発売さました。ミラーレスカメラとしては300g台と重いのですが、大きさが非常にコンパクトなので、カバンからの出し入れがしやすく、とっても持ち歩きに便利。機能面も、M10より大幅に進化!ISO感度が25600、Digic7も搭載され、暗いところでの撮影でも綺麗な画質です。ピントもとても早くなりました!。ちなみに、M5とM6は上位機種。大きさ特徴の差は「動き」と「動画撮影」に強いことです。とはいえ、連写も4.6/秒から6.1/秒となり、かなり満足できる連写スピードかと思われます。なお、はじめてカメラを買う方は<ダブル・レンズキット>がオススメ。ダブル・ズームレンズキットとお間違えなく。22mmのパンケーキレンズはテーブルフォトにもとってもぴったりなので、お得です。

性能が良く使いやすいデジイチ・カメラが欲しい!
ニコン D5600 レンズキット
有効画素数:2416万画素
ボディ重量:420g
WiFi&Bluetooth搭載


ニコン好きには待望のタッチパネルのモニター搭載の機種。だいぶ価格が下がってきて、買いやすくなりました(笑)。基本的なスペックはD5500とほぼ同じものの、Bluetooth搭載が搭載されました。アンドロイドユーザーには大変便利な機種です!反対に現状ではiPhoneユーザーならBluetooth機能はほぼメリットがないので型落ちの「Nikon デジタル一眼レフカメラ D5500 18-140 VR レンズキット」で十分ですね(笑)。インテリア空間や旅フォトを撮影する場合はバリアングルはひじょーーーに便利なので、3000シリーズよりこちらがオススメです。通常のキットレンズよりも割高になりますが、140mmまで望遠できるレンズがついているキットの方が、ズームレンズを持たずにこれ1本でかなり楽しめると思います。写真の幅がおおきく広がるカメラです。

キヤノン KissX9 レンズキット
有効画素数:2420万画素
ボディ重量:456g
バリアングル、WiFi&Bluetooth搭載



こちらは、X9iの小型化軽量化、そしてお値段お手頃タイプです。レンズキット付きでこのお値段はかなりすごい。重量はX7より重いのですが、ボティサイズがコンパクトになったのでそれほど重さは感じられなくなりました。そして、これまでのXiシリーズ以外で初のバリアングル。色々なアングルでの撮影が楽です。最新の映像エンジンDIGIC7を搭載、ISO感度も25600となり、暗い場所での撮影にも非常に強くなっています。X9iとの大きな違いはピントの測距点の数。9点とむか〜しの機種と同じ数(苦笑)。それ以外はほぼ性能はX9iとかわりません。そのわりにはお値段がお手頃価格なのが嬉しいですね。型落ちのX8iとほぼ同じ価格です。X8iとの違いは、X8iにはBluetooth搭載なし、測距点が19、ISO感度12800です。
ちなみに8000D,9000Dとの差はサイドの液晶表示とWダイヤル(ダイヤルが2つある)で「操作性」の点が中級機種シリーズ(70Dなど)と同じであること。あとはオートフォーカスの測点が多いことの差だけ。重量感があるので、軽さ重視のカメラ女子にはXシリーズの方が断然おすすめですね。

夜でも綺麗に撮れる!ナイトフォトレッスンでの撮影実習写真はこちら▼

▶︎▶︎▶︎募集要項はこちら

nightphoto-cc

はじめてさんだけどマニアック派&買替え派にオススメのカメラ

ここ数年のカメラ動向としては、どのメーカーも<最上位機種>に力を入れている傾向があり、巷では20万円台、30万円台のカメラの売れ行きが好調だそうです。また、ミラーレス、デジタル一眼レフカメラどちらにおいても、タッチパネル化が進み、感覚で操作しやすくなりました。

また、SNSの勢いが影響し、WiFi搭載、Bluetooth搭載の機種が続々と発売されています。iPhoneユーザーにとって、Bluetoothとの互換性はまだいまいちなのでBluetooth自体の良さを実感できませんが、今後の可能性に期待したいところです。

▶︎▶︎▶︎「WiFi搭載カメラからスマホへ写真を転送する!最新のBluetooth搭載カメラとは何が違う?!」

夜景や夜のホテル・インテリアなど、暗いところでも三脚なしに高画質で撮りたい!
キヤノン 6D MarkII
有効画素数:2620万画素
ボディ重量:685g
WiFi、Bluetooth搭載


女性に優しいフルサイズ・デジタル一眼レフカメラといえば6D markII。2012年に「世界最軽量フルサイズ一眼」をうたい文句に発売されてた6D。その後継機種6D markIIが2017年夏に登場しました。軽さはもちろん、ISO感度40000、最新エンジンDIGIC7も搭載し、暗いところでもさらに美しい映像美が撮影できます。またフルサイズで初のタッチ操作可能のバリアングル採用!これは嬉しいところ。色々な角度から楽〜に撮影が楽しめます。
持ち歩きしやすく、最高画質のカメラは?
ソニーα7II ボディ
有効画素数:2470万画素
ボディ重量:599g
WiFi搭載


世界初のフルサイズ仕様のミラーレスα7シリーズは、ソニーが最も力を入れているラインアップです。「5軸ボディ内手ブレ補正」が搭載で、軽さと画質の美しさはダントツです。確かに重いのですが、こちらを購入した方たちは「もう手放せません」というくらいフォト生たちにも絶大な評価を得ています。だいぶ価格が下がってきました。ですが、昨年上位機種α7RシリーズのIIIの発売がありました。ずっと噂があったα7IIIも今年の発売が現実的になってきた感があります。初フルサイズが欲しいな〜と思っている方、ちょっと待ってみては?ワタシも買い替えしたい気持ちを、ずっと我慢してします(笑)。

ワンコなど、素早く動くモノを色々な姿で撮りたい!
オリンパス OM-D E-M10 MarkIII
有効画素数:1605万画素
ボディ重量:410g
WiFi対応


SONYのフルサイズミラーレスにも採用されている最新の「5軸ボティ内手ブレ補正」技術が搭載。ISOは6400と頼りないのですが、手ブレ補正がしっかりしているので、高画質で暗いところでの撮影や、動きにも強いカメラ。中級クラスでのこの価格は、お手頃感は非常にありますね。ちなみに、パナソニックとオリンパスのカメラのレンズは完全に互換性がありますので、どちらのカメラでも問題なく使用できるのですよ。

言葉じゃ伝えきれない「本質」を表現するのが写真のチカラ

カメラはあくまでも道具です。
値段に左右されず、自分が毎日使いたくなるカメラ・レンズを購入して、使いこなしてください。

言葉では伝えきれない素晴らしさや感動。
それを高画質で記録した写真は、<趣味>のレベルにとどまらず、仕事レベルでも十分に使えます。

情報発信が「価値」を生み出す時代です。
「表現」「発信」することで、自分の可能性をぜひ広げてください!

美食同源 フォトグラファー&コンセプター 柳楽珠奈
2018年2月現在

▶︎▶︎▶︎美食同源とは

最新記事

More