Columns & Blog

WordPressとJimdo、何が違うの?

最近、多くいただく質問があります。

WordpressとJimdo、違いは何ですか?
Wordpress(ワードプレス)もJimdo(ジンドゥー)も、無料とか簡単などのキーワードを売り文句にしているホームページ作成ツールです。
なので、一体、何が違うのか?
疑問に思う方も多いと思います。
その違いについて、「初心者」「ウェブ知識がない方」にもわかりやすい言葉でまとめてみました。



WordPressとは
「ブログ形式」でホームページを作成できるツール。アメブロで言うならば、マイページのような画面で全てがはじまります。デザイン・テンプレートが有料・無料共に豊富にあり、またプラグインという拡張機能により、自分に必要な機能だけを搭載して、より使い易くい(更新しやすい)、見やすいウェブサイトに作り上げることができます。

Jimdoとは
ドイツで生まれたホームページ作成ツール。自分が選んだデザイン・テンプレートを見ながら、ドラッグ&ドロップで、ブロックを組み立てるかのように直感的にページを作っていきます。
*ちなみにWIXも同じような形式です。

比較ポイント1:料金
無料と言われていますが、じつはカラクリがあるんですよね。
インターネット上でホームページを表示させるためには、そのホームページで使用しているデータ類(文章や写真、バナーなど)を保管するための倉庫=サーバーがインターネット上で必要となります。
なので、ホームページ作成の「ツール」自体は無料ですが、データ保管としてサーバー(レンタルサーバー)を借りて、その保管料(サーバー代)が別途かかってきます。
WordPressの場合は、自分で独自ドメインを取得、そしてサーバーを借りて利用します。一般的な「.com」は1年間約1,000円(ムームードメインなど)、サーバーは1年間約3,000円(ロリポップなど)程度です。
WordPressでかかる費用:年間約4,000円程度
Jimdoの場合、独自ドメインは自分で取得しますが、サーバーはJimdo自体が兼ねてくれています。一般的な「.com」は1年間約1000円(ムームードメインなど)に、「JimdoPro」は月950円、1年間約11,340円です。
Jimdoでかかる費用:年間約12,340円程度
<料金ポイントのまとめ>
・最初の手続きは少し面倒臭いですが、圧倒的に運用コストはWordPressのほうが安いです。
また、レンタルサーバーの料金プランによっては料金内で何個もホームページを運用できます。
・ドメインさえ取得すれば、Jimdoは簡単に初期セッティングが完了します。
・年間約8000円の価格差。10年間利用すると8万円の価格差になります。
・ちなみに。Jimdoには無料プランがありますが、その場合は独自ドメイン(オリジナルで作ったホームページのアドレス)での表示は不可能となります。
つまり、「http://○○○.jimdo.com」といったように、○○○にあたるところに自分の決めたドメイン名がきて、必ず「jimdo.com」が後ろについてきます。

比較ポイント2:ウェブサイトの作りやすさ
スクリーンショット 2015-05-04 14.56.32
WordPressの場合
プログ記事のようにページを作成し、その配置をセッティングしていきます。そのウェブサイトのデザインは、無料・有料、さまざまなデザイン・テンプレート(テーマと呼ぶ)があります。
ただ、そのテーマの構造によっては、非常に難しいものと簡単なものがあるのです。デザインが格好良いからといって難しいテーマを選んでしまうと、設定が複雑で、初心者はまったく作成できません。(過去に経験済み…)
けれども、WordPressの仕組みや操作性もマスターさえすれば、自分の好きなテーマを利用できますし、いつでもテーマ変更できます。
スクリーンショット 2015-05-03 15.41.43
Jimdoの場合
有料プランJimdoProにおいてもテンプレートの種類はかなり限定的です。ですが、テンプレート上でドラッグ&ドロップで、ブロックを組み立てるようかのように直感的操作しながら作成することができます。
全体的にスタイリッシュなデザイン。
選んだデザイン・テンプレートによって、作成できることは限定的ですが、簡単に作り上げることができます。
<作成しやすさのポイントのまとめ>
・WordPressはデザイン・テンプレートが非常に種類豊富にあります。けれども、選ぶテンプレートによって、作成時の難易度が大きく異なります
・WordPressの場合、プラグインという拡張機能があるので、ページの装飾など簡単にお洒落に仕上げることが可能です。
・Jimdoはテンプレートの種類は限定的ですが、<直感的操作>によって簡単に作成できます。

比較ポイント3:ウェブサイトの更新しやすさ
ホームページ内のインフォやお知らせといった投稿式ページの更新は、これは自分でホームページを作成できたのであれば、WordPressでもJimdoでもどちらでも更新しやすいです。
そして、ホームページを運用していく上ででてくる「ページ」の追加や変更。
これに関しても、自分で作成したからこそ、簡単に変更できます。
<更新しやすさのポイントのまとめ>
・WordPressもJimdoも基本的な構造、操作性をマスターすれば、どちらも同じように更新しやすいです。

総評
一言で言うならば…
WordPressはデジイチカメラ、Jimdoはコンデジ。
フォトスクールですので(笑)、「カメラ」で例えてみました。

デジタル一眼レフカメラ(通称デジイチ)は、オートがありますが、いろいろな機能を細く設定するマニュアルで撮影するからこそ、個性的な写真、自分が好きな写真が撮れます。

WordPressは、まさにデジタル一眼レフカメラと同じような印象を受けます。
WordPressは、運用コストが安く、デザインが豊富で、プラグインなどで自分の好きなようにカスタマイズできる。

WordPressは初心者には向かないとあちこちのサイトで見かけますが、基本をすっ飛ばして、独学で勉強しようと思うから、かなり難しいのです。

カメラでもマニュアル撮影は難しい!と思われますが、まったくの初心者でも、その機能、操作性、そして、写真表現への効果を学ぶと、短期間で自分の<好き>や<個性>を表現した写真が撮影できるようになります。

「まず、どこをどう触ればいいのかわからない。
そのための、順序・やり方を教えてほしい。」
PCが苦手さん、はじめてさんにとっては、カメラもホームページ作成ツールでも悩みは同じ。
WordPressを使いこなすポイントは、基本的な構造と操作性をマスターすること。
実際、美食同源WordPress講座にご参加のPC苦手さん、はじめてさん。こちらもフォトレッスンと同じように基本がわかると、みなさん自分でウェブサイトを作成しています。
・独学で作ってみたい場合は、WordPress系の<参考書通りに>サイトを作成してみる
これ、なかなか真面目にやる人いないのですけどよね…笑
・短期間で制作したい場合は、「WordPressの基本の構造と使い方」までカバーしているホームページ作成講座などに参加して、ある程度の基本を学んでから制作する
短期間で効率良く学べる講座受講はお勧めです。

<直接学ぼう!通学講座>
名称未設定-2
全3回の通学コース。2回目3回目のレッスンでは1時間半程度のワークタイム付き。わからないことがその場で質問、解決できます。ウェブ講座のプレゼント付きですので、その後も復習できます。
<自宅でやろう!ウェブ講座>スクリーンショット 2015-05-06 13.04.11人気講座を丸ごと収録。作業しやすいように、操作画面もしっかり収録しているウェブ講座です。インターネットができる環境でしたら、iPhoneやiPadでみながら、PCで作業可能。どこでも、いつでも繰り返し視聴できるので、復習にも便利です。
<独学派にお勧め参考書>

シンプルなデザインですが、本に書かれている手順通りに一度作成してみると、基本構造がわかります。その後、はじめてのWordPressリデザイン & カスタマイズ (BASIC MASTER SERIES)でテーマをかえてみるとよいでしょう。

一度理解できると、世界中にあるデザイン・テンプレート(=テーマ)の中から、自分が好きなテンプレートを選び、作成することができるWordPress。
また、自分でサーバーを借りているので、いくつもサイトを作り、運営できます。
そして、WordPressの大きな特徴であるプラグインという拡張機能を使って、さらに素敵なウェブサイトになったり、更新が楽になったりしていきます。
これに対して
Jimdoは、画面をみながら直感的な操作で作成していくので、一人で作業しやすい。
画面上のイラストなどで表示されているボタンを触りながら、作業をしていく…
イメージ的には、サンプルページを自分の文章や写真に置き換えていく感じですかね。
まさにコンデジです。
いろいろとプリセットされた設定があるので、それを使って写真を表現していく感じに似ていました。
…とはいえ、直感的と作業できると言われてもウェブ知識のない「はじめてさん」にとっては、やはりいろいろな問題に直面するかと思います。
ウェブ知識のない初心者さんは、Jimdoの参考書が1冊あると心強い。
2015年4月に発売された右の本は、細かく掲載されていて一人で作業するときに便利。

やはり手元にちょっと参考になるテキストがあるのとないのとでは、違いますからね。

一つのサイトを、独学で一人で作成するならば、Jimdo
自分らしいサイトが作りたい、何個かサイトを作りたいならば、WordPress
これまで何十万円をもかけて作成してもらい、そして毎月数千円から数万円払って運営をお願いしていたウェブサイト。
デザインが気に入らない…
追加・変更にお金がすぐかかる…
すぐに作業してくれない…
ちょっと前までは、ウェブサイトを持っているだけで、いろいろなお金・時間、手間がかかっていました。
それが今の時代。
「自分でやる」ことによって、ほとんどお金がかからず、好きな時間に、すぐにできるようになっています。
時代の嬉しい変化にのっかって、楽しくお仕事していきましょう!

2016年6月現在