東京・女性のための写真教室・美食同源

働く女性のためのフォトスクール

【セドナ&ナパ旅行記】セドナの最高級ホテル・エンチャントメント・リゾート




セドナへ

アップグレード特典でJALのビジネスクラス・スカイスイートをたっぷりと満喫して到着したシカゴ。
(ハワイ、アジア路線より、欧米線のスカイスイートの方がシートピッチが広いのでかなり快適です!)

が!ここで私たちが乗り継ぎ予定のフライトが大幅のディレイになってました・・・。一番早いフライトへ振り替えてもらったのですが、現地空港でプライベートカーのお迎えを予約していたので、フェニックスの旅行会社さんともメールでやりとり。アメリカなので〜フライトの時間変更が何度もあります。その度に旅行会社の担当の方に連絡を入れました・・・。

日本人スタッフがいるから〜と決めた現地旅行会社でしたが、やっぱり正解だったかも。アメリカ人だったら、相当うざがられそうですから(笑)。AKOさんもJGCだったので、アメリカン航空のラウンジスタッフが色々と手配してくれ、2時間遅れで、無事アリゾナ州フェニックス空港に到着しました。

荷物が出てくるターンテーブルで無事ドライバーさんとお会いでき、スムーズに車に乗り込み、いよいよセドナへGO!

機内が凍えそうなほど寒かったのですが、フェニックスの気温は40℃!気温差にもまずびっくり(笑)。そして、少し走ると周りは巨大なサボテンの荒野があると思ったら、その後はあの赤岩の大地が見えました。

エンチャントメントリゾート到着


日本ではアムロちゃんとロンブーの二人が泊まったってことで一躍有名になったエンチャント・リゾート・ホテルですが。もともと世界のトップ100のホテルにもランクインしてしまう、ラグジュアリーなリゾートホテルです。

特筆すべきは、その立地!なんと4大ボルテックスの一つであるボイントンキャニオンの中に建っているです。周囲を赤岩に囲まれたセドナで一番のラグジュアリー・ホテル。AKOさんもワタシもラグジュアリー好きなので、どうしても泊まってみたくて、1泊だけ泊まってみることにしました(笑)。

公式サイト>>>Enchantment Resort Hotel
bookinng.comなどでは出てこないので、公式サイトから直接予約入れました。(AKOさん担当)

セドナの中心地からは車で30分ほど離れ、元牧場だっただけあって、敷地は超がつくほど巨大!
レセプション&レストランなどのパブリックエリアは固まって立地(メイン棟ってところね!)してますが、コテージスタイルのお部屋は敷地内に点在しています。また、このリゾートで有名なスパは、別棟に。スパ棟にも宿泊施設があって、そっちのお部屋は素敵な匂いがしてました(笑)。

とにかく広い!広い!電動カートで移動です。
敷地内には野生の鹿さんもいましたよ。

お部屋  GEUST ROOM


1泊だけ、それも寝るだけのお部屋になるだろうということで、一番スタンダードなカテゴリーのGUEST ROOM、ツインベッド・タイプで予約しました。スタンダードとはいえ、1泊300ドル以上するお部屋ですが・・・。ま〜ったく広くなく、窓からのヴューも良くありません。(目の前が、他のお部屋付きのミニプール・・・)

ウェットエリア(水回り)は、かろうじてWシンクですが、バスルームはシャワーのみ。

1泊だけで、それもほとんど寝るだけのお部屋と割り切っていたので、不満は言いませんでしたが。(ツインタイプでも、ちゃんとダブルベッドが2台だったしね!)

ただ、このリゾートに5泊とかするならば、絶対に眺めの良い、上のカテゴリークラスの部屋を予約しないと不満だらけになっちゃいそうです・・・。

ディナー@レストラン TII GAVO

本当は、3時過ぎにはホテルに到着して、のんびりとプールで過ごすはずが・・・。フライトディレイでホテルに到着したのは5時すぎ。サンセット前にレストラン入って良い席をゲットしたい〜と慌てて着替えて絶景レストランへ。

レストランはメインダインングの「Che Ah Chi」とカジュアルダイニングの「TII GAVO」があります。TII GAVOの方が、どちらかというと、キャニオン寄りに立地しているので、眺めが良いのかな。特にその屋外エリアが、すぐ目の前にそそり立つ赤岩を眺めながらお食事できるので、TII GAVOのほうに行きました。結構、ハエとかいるので、屋内で食事する人も多かったですけど。

標高高いセドナですが日中は40度を超えることも稀でないそう。でも、夜はぐ〜んと涼しくなり、外で過ごすのがちょうど良い気温に。カラッとした空気で快適です。まずは地元アリゾナのロゼワインで乾杯!

すぐ目の前に立ちはだかる奇岩。雄大な景色に「すごいところに来ちゃったね・・・」と二人で感動しながらメキシカン料理を舌鼓。

手の込んだお料理というわけではありませんが、素材の味が生かされていて、前菜のサルサもグリル料理もとても美味しかったです★

なかなか、これだけの絶景レストランはないかなって思います。
これは是非オットも見せたい!ってことで、後日ランチタイムに再訪しました。

夜のリゾート散歩

到着時は、ほとんど人影がなかったリゾート。ですが、サンセットタイムから、わらわらと人が集まってきて、日が沈んだ頃にはレストランは満席となっていましたね。食後は、ほろ酔いでお散歩ナイトフォトを楽しみながらお部屋に戻りましたー。

夜のメイン・プール。ライティングが素敵です!

レセプションエリア。
ここでチェックイン・チェックアウトできます。夜は静かでした。

ホテルのギフトショップ。コンビニのような・・・日用品などの品揃えも豊富でした。

ちなみに。上と同じ風景の昼間はこんな感じ↓。

昼間の顔と全然違いますよねー。

Mii Amo で朝ごはん

ワタシもAKOさんも早寝&早起き派。
時差ボケもあったにもかかわらず、早朝7時から行動開始!ゴージャス・リゾートを満喫しなくちゃね(笑)

まずは気になっていたMii Amo スパ棟へ。
世界的に有名なスパですが、入口は意外にこじんまり。

そして、このMIi Amoには宿泊施設もあります。専用キーを持つ人たちだけが出入りできる入口がありましたね。

また、スパ施設の他に、ギフトショップ、屋内&屋外プール、そしてヘルシーメニューが充実したカフェがあります。

ちらっとのぞいたカフェは、健康と美を意識した(ヘルスコンシャス)メニューが充実!朝食はこちらでいただくことに。ワタシたちは豆腐ベネディクトをオーダーしてみましたよ。豆腐を使い、そしてテンペをベーコンに見立てたエッグベネディクト。と〜っても美味しかったです。

宿泊するなら、ここに毎日通いたい♡

朝7時ではまだ薄く暗かったのですが、食事をしている間にどんどん渓谷に日が差し込んできます。本当に息を飲むほどの美しさ。
ワタシは正直、ボルテックスパワーとか敏感に感じられる人ではありません。でも、清々しい空気、壮大な風景は、本当に心地良い!朝からとっても幸せな気持ちになりました。

メインダイニングとメインプール

たった1泊だと、全てを満喫することはできません〜。なので、メインダイニングとメインプールは見学のみ(笑)。
雰囲気だけ味わいましたー。

朝はガラガラのメインダイニング。

到着日は気がつかなかったけど、テラス席もありました。

メインプール。遠くに、ボイントンキャニオンの象徴の一つ、カチーナウーマンが見えました。

Mii Amo プール

ワタシもAKOさんも気に入ったプールは、メインプールではなく、Mii Amo(スパ棟)の方でした。

屋内と屋外があります。

ワタシは屋外のプールサイドでのんびりブログ更新(笑)。
泳ぎが得意なAKOさんは、屋内&屋外を行き来して色々と泳いでいましたね。

こじんまりしているのですが、ワタシはなんかこっちのプールが落ち着きました。連泊してたら、ここにも毎日通っちゃうんだろうなー。

午前中のんびりとプールで過ごし、その後はハイアットホテルへ移動です!
コンシェルジュにタクシーを手配してもらいました。「すぐに移動しなくっても、もっと遅くまで滞在してもいいのよ〜」なんて言ってくれます。優しい♡

リピしたくなる気持ち、わかりますわ〜。

長居したいのはやまやまですが。午後からボルテックスツアーも予約していたので、後ろ髪引かれながら、リゾートを後にしたのでしたー。




 

最新記事

More